画家のつぶや記 PR

退廃芸術の旗手!?【マックス・ベックマン】ってどんな画家?

マックス・ベックマン
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

この記事を読んでわかること

・マックス・ベックマンはこんな画家

・ベックマンの作品のスタイルと特徴

・退廃芸術について解説

緋彩(ひいろ)

ドイツの画家マックス・ベックマンは、20世紀初頭に活躍した表現主義新即物主義の代表的な芸術家だぜ。

画家Gさん

彼の作品は戦争体験や社会の混乱を反映し、その独特なスタイルが注目されています。

希子(きこ)

第一次世界大戦での衛生兵としての体験が彼の芸術に大きな影響を与えたことも知られています。

↓この記事を書いたのは

プロの画家をしている画家Gさんこと籏山 隆志です。

画家人生の中で、あがいて、もがいて、のたうち回りながらでも

・乗り越えてきたこと
・絵に関すること
・お散歩スケッチで見つけたこと

などなどをお伝えします。

ではでは、よろしかったらご一緒に、お手を拝借!

“Let’s draw something!”(お絵描きしましょう)

記事、電子書籍のお問い合わせはお問い合わせこちらへ

↓初の電子書籍出版です。ぜひ、読み放題でどうぞ。

電子書籍

マックス・ベックマンの代表作

マックス・ベックマン
「海岸」
引用元:マイスタードゥルッケ

マックス・ベックマン
「ドストエフスキー2世」
引用元:マイスタードゥルッケ

マックス・ベックマン
「サン=シール=シュル=メール付近の風景」
引用元:マイスタードゥルッケ

マックス・ベックマン
「オデュッセウスとカリプソ」
引用元:マイスタードゥルッケ

マックス・ベックマン
「その夜」
引用元:マイスタードゥルッケ

ザ・雑学

引用元のマイスタードゥルッケ(Meisterdrucke)って何?

・「マイスタードゥルッケ」はドイツ語で「マイスター」(Master)と「ドゥルッケ」(Drucke、プリント)を組み合わせた造語。

・絵画やアート作品の印刷物を指す言葉であり、高品質な複製品やポスターなどを提供するオンラインプラットフォームの名前でもある。

作品の肯定的な意見

・マックス・ベックマンの作品は強烈な筆致と劇的な色使いが印象的。

・彼の絵には物語がある。
見るたびに新しい発見があって楽しい。

・現実を鋭く描写していて、心に残る。

・ベックマンの技法はとても独特で、他の画家とは違う魅力がある。

・絵の中の感情表現が豊かで、見ていると引き込まれる。

・歴史的背景を考えると、ベックマンの作品はとても重要な意味を持っている。

・彼の作品は現代でも新鮮に感じる。時代を超えた魅力がある。

・ベックマンの描く人物像には深みがあり、見ていて飽きない。

・色のコントラストが美しく、目を引く。

・彼の作品はしばしば人間の苦悩や現実の醜さを描写し、観る者に深い考察を促す。

作品の否定的な意見

・構図はしばしば歪んでおり、不安や混沌を感じる。

・ベックマンの作品は暗くて重い印象があり、あまり好きではない。

・色使いが派手すぎて、目が疲れる。

・絵の内容が難解で、理解しづらい部分がある。

・テーマが重すぎて、鑑賞するのが辛く感じる。

・作品の雰囲気が全体的に暗いので、気分が落ち込む。

・ベックマンの描く世界観があまり共感できん。

・技法が独特すぎて、馴染めない。

・絵の中の人物が怖く見える。

・現実を描写している分、リアルすぎて不快に感じる。

・全体的に作品が重く、長時間見るのは難しい。

緋彩(ひいろ)

てな感じで肯定的、否定的な意見を挙げてみたぜ。

で、次っ!

退廃芸術って何?

画家Gさん

画家の作品の評価って肯定的、否定的の両方あってしかりだと思う。

ただそんな中で、ベックマンの絵が「退廃芸術」って言われ否定的な扱いしか受けなかったのは何でか?ってことを解説します。

緋彩(ひいろ)

「退廃芸術」っていう定義があるわけじゃ無いんだ。

ナチス・ドイツが独善的に決めたものなんだな。

要するにナチスを率いたアドルフ・ヒトラーが芸術オンチだったってことだぜ。

希子(きこ)

ナチスの反ユダヤ的な近代美術に対する批判
・印象派
・当時のモダンアート

まで含めたものなんだね。

つまりナチス具象芸術を称賛したんだ。

単純に当時のナチスに嫌われたスタイルの芸術を「退廃的であるっ!!!」ってレッテル貼りして弾圧したってこと。

要するにアーリア民族至上主義の犠牲になったってことだね。

画家Gさん

弾圧って事じゃ無いけど、今でもふっるい考えに固執して「あんたは21世紀に生き残った恐竜かっ!?」ってツッコミ入れたくなることがある。

緋彩(ひいろ)

例えば
「絵を描くのに写真を見て描くなんぞ邪道だっ!」
とか
「絵の具の黒とか白は使ってはならんっっ!!」
とかとか……

バッカじゃね!?

使うかどうかなんてのは、使う個人が考えれば良いんだし、自ら表現の自由に縛りくれてどーすんだよ!?って言いたくなるぜ。

希子(きこ)

芸術の表現って自由であって良いと思うんだ。

それを「これは良いけどあれはダメ」って決めつけてたら自分がすんげー損するよ。

↓プロの画家「岡部 遼太郎 先生の考察」

写真を写実絵画に使うのはダメ?

作品の生まれた背景

・マックス・ベックマンの作品は第一次世界大戦やナチスの台頭といった時代の混乱や苦悩を反映している。

・彼の作品はしばしば戦争や政治のテーマを扱い、人間の苦悩や不条理を象徴している。

・彼の作品は当時の社会や文化に深く根ざしており、その影響力は現代にも色濃く残っている。

画家Gさん

てな感じで次っ!いきます。

マックス・ベックマンの生涯と芸術の軌跡

背景と初期の影響

・マックス・ベックマンは1884年にドイツのライプツィヒで生まれた。

・若い頃から絵画に興味を持ち、1900年にワイマールのグランドゥカル芸術学校に入学。

・ベックマンは当時の象徴主義や印象派の影響を受け、特にレンブラントやエル・グレコといった古典的な巨匠の作品に魅了された。

・また、現代美術の潮流に敏感であり、表現主義や新即物主義のアーティストとも交流を持った。例えば、表現主義のフランツ・マルクとか、新即物主義のオットー・ディクスとか。

フランツ・マルク
フランツ・マルク「動物の運命」
引用元:アートペディア

オットー・ディスク
オットー・ディスク「七つの大罪」
引用元:アートペディア

第一次世界大戦の影響

・第一次世界大戦はベックマンの人生と芸術に深い影響を与えた。

・彼は戦争中に医療兵として従軍し、戦場での悲惨な体験が彼の精神に大きな衝撃を与えた。

・この経験は彼の作品に反映され、戦争後のベックマンの絵画は暗く、複雑なテーマが中心となる。

・戦争の恐怖や人間の苦悩を描いた作品は、彼の特有の表現主義的スタイルを確立。

亡命と後半生

・1933年、ナチスが政権を握ると、ベックマンの作品は「退廃芸術」として非難され、彼はドイツを離れることを余儀なくされた。

・1937年にはアメリカに渡り、ニューヨークに定住。

・アメリカでの生活は彼の芸術に新たな風を吹き込み、彼は多くの重要な作品を制作した。

・晩年のベックマンは再び宗教的・哲学的テーマに回帰し、象徴的な構図と深い内省的な表現が特徴の作品を多く残した。

・1950年、彼はニューヨークで亡くなったが、その影響力は今日でも続いる。

希子(きこ)

そんなこんなで次です。

マックス・ベックマンの影響と評価

同時代の評価と批評

・ベックマンは生前、多くの批評家や同僚アーティストから称賛された。

・彼の作品は時代の矛盾や苦悩を捉え、多くの人々に共感を呼び起こした。

・一方で、一部の批評家は彼の作品を過激であると見なし、議論の的となった。

後世への影響

・ベックマンのスタイルは現代の芸術に大きな影響を与えており、特に表現主義や抽象表現主義のアーティストに影響を与えている。

・彼の作品のテーマやスタイルは、多くの現代アーティストによって引用され、再解釈されている。

美術市場での位置づけ

・近年、ベックマンの作品は美術市場で高い評価を受けており、オークションで高額な取引が行われている。

・多くの美術館も彼の作品を収蔵し、その芸術的価値を高く評価している。

緋彩(ひいろ)

などなど……で、まとめるぜ。

あとがき

マックス・ベックマンの生涯とその作品

・彼の芸術は表現主義の中核を成し、20世紀の芸術に大きな影響を与えた。

・ベックマンの絵画は、彼の個人的な経験や時代の動乱を反映している。

・彼の作品には深い思索と強い表現力が感じられる。

・彼の作品は今日でも世界中で高い評価を受けており、美術史における彼の位置づけはますます重要性を増している。

・ベックマンは、芸術を通じて人間の営みや苦悩を描き出し、その内面を探求した。

・彼の作品は深い洞察力と情熱を感じさせる。

緋彩(ひいろ)

ベックマンの作品が違う時代に発表されていれば、それは弾圧や排除ではなく称賛で迎えられたと思うぜ。

希子(きこ)

彼の作品は、現在世界中の美術館で展示されています。

その力強い表現と深い洞察力は、今なお多くの人々を魅了し続けているんだよ。

画家Gさん

どうも、最後まで読んでくれてありがとう。

ではでは、また別のところでお会いしましょう。

記事、電子書籍のお問い合わせはお問い合わせこちらへ

↓初の電子書籍出版です。ぜひ、読み放題でどうぞ。

電子書籍